Recruit

 

真似から自分らしさを学ぶ

インタビュー
功刀美里 くぬぎ・みり
2016年入社
自動車関連事業部

自己成長=喜び

― 入社の理由は?

自己成長したい!という想いが会社の理念とマッチしたことです。
就職を意識したときに、「何のため」「誰のため」に働くのかを考えました。
やはり、働くということは自分の為に働くことだと思うんです。そして自分が一番喜びを感じるのが自己成長したときだと気づきました。成長するときは必ず喜びがあるんです。

― その考えに至ったきっかけは何か学生時代にあったの?

大学のサークルで初めて人の上に立つという経験をとおして、リーダー像が変わったことです。それまではリーダーは一人で考えて統括していくような存在に感じていたのが、みんなで考えて決断していいんだと気づいてリーダーとして成長できたんです。
そのとき私にとって確かな「喜び」がありました。

― 実際に入社してみてどうでした?

成長という意味では、ほかの会社に行った友人と話をするとこの1年間で任せてもらえるようになった仕事の量が全然違います。今のこの店舗のように1年目で商談を一人で任されてやり遂げるようなことはほとんど無いようで、その任されているということがこの会社に入って一番「喜び」を感じることです。

― その友達に成長の差を感じるときはある?

一緒に会話をしていて違いを感じます。気が付くと私はどんどん仕事の話が出てくるんですよ。そこで充実感に気づくということがよくあります。

― 仕事の現場では何か印象的なエピソードはある?

ある日、他のお店と間違って入ってきたお客さんがいたんです。それでも丁寧に話をして行くうちに、我々の販売システムを理解してくれて、その日に商談がまとまりました。最後にそのお客さんから「お店を間違えてよかったわ。」と言われたのがすっごく嬉しかったです。

真似から学ぶ

― じゃあ、今まで何の悩みもなく走ってこれたのかな?

いや、初めは悩みしかなかったです。
ちょうど去年の今頃。今でもそうですが、自分で考えて行動するというのが苦手で、先輩に相談して毎回泣いていました。(青春してるね〜)
ただそこで、人の真似をして学ぶという方法もあるのでは?と気づいてからすごく楽になりました。後は、今の私には経験が必要だと感じて、とにかく経験値を積もうと決めてから楽に考え方が切り替わりました。

― そうなったきっかけは何かあったの?

先輩に「人の真似をしてみたら?」という一言をもらって。私はいつも人から言われたアドバイスは一度しっかり受け止めるようにしていて、じゃあ一回やってみようと思って、やってみたらしっくり来たのがきっかけですね。

― もともと素直だよね…性格が。

…いや…そうでもないです(笑)。

応援の文化

― これからの目標とかある?

そうですね、商談のスキルをもっと上げたいとかもありますが、やっぱり一番は、後輩たちが入社してきて、育成にも目を向けなければならないなと思っています。難しさはありますが、後輩たちを応援していくことです。

― 実際に後輩たちにはどうアプローチしている?

…私もどうしていいか判らなくなっていた時期があったんですが、そこにエリアチーフの安津畑さんがこの店舗に来て「もっと全面でバックアップして欲しい」という指示のもと、いろいろ教えてもらい同期のメンバーで話し合うようになってから良くなりました。

― オールフロンティアにはそうした『応援の文化』が根強くあって…。

はい!凄いなと思いました『応援の文化』。

NEW TOPICS